リチウムバッテリーの原理

リチウムイオン電池は、正極にリチウム金属酸化物、負極に炭素(カーボン材料)を用いています、
電解液にリチウムイオン電解質を用い、そのリチウムイオンの移動により電位をつくりだし、
それを電源としています。
それがリチウムイオンのバッテリーのセルの部分になります。

リチウムイオン電池は、充電しても電池に悪影響を及ぼさず、かつ充電回数の多さや急速充電特性の良さなど、多くの利点があります。

  リチウムイオン電池の特徴


通常単三電池の電圧というのは1.5Vというのは小学校でも習ったかと思います。
しかしリチウムイオン電池1個の電圧は平均3.7Vです。
同じ小型二次電池の仲間であるニッカド電池やニッケル水素電池に比べ約3倍の電圧が得られます。 言いかえると同じ電圧を出すのに使用本数が3分の1で済むということになります。
また重量エネルギー密度は155Wh/kgとニッカド電池の約3倍、ニッケル水素電池の約2倍あります。
小型で軽く上記のように大容量の電圧を持つ為、携帯機器用電源として最適の電池です。

これがリチウムイオン電池を多くのメーカーが採用している理由です。
また、充放電を何度も繰り返しても電解液、極の素材劣化が低く、
500回、1000回といった充電に耐えることができます。


  放電率が低い


通常、電池は使わずに放っておくと、自然に少しずつ放電する自己放電という現象が見られます。
リチウムイオン電池の自己放電は他の種類の電池と比べきわめて低く、ニッカド電池やニッケル水素の5分の1以下です。
一度充電しておけば数ヶ月はそのまま再充電せずに使用できます。


  互換バッテリーだと消耗速度、充電時間が長くかかるのでは?


弊社で取り扱っております互換バッテリーは日本製のセルを使用していますので
基本的に純製品のバッテリーと使っているものと原理は全く同じです。
ですので互換バッテリーだと消耗速度、充電時間が長くかかるとかということはありません。
安心してご利用くださいませ。

検索フォーム



















お支払い方法

お支払いは、カード決済、銀行振込、NP後払い、PayPal、代金引換からお選びいただけます。

くわしくはこちら

送料について

発送は西濃運輸宅配便
またはクロネコヤマトメール便になります。

くわしくはこちら

閲覧履歴





  Yahoo!ブックマークに登録




印鑑・はんこが安い



互換インクが安い


注文画面へ
amazon支店
注文画面へ
Yahoo支店